レファレンス事例集

ここからページコンテンツが開始します

ご質問と回答

Q. トンネルを示す隧道(すいどう)という単語のヨミは水道と区別をつけるために「すいどう」から「ずいどう」にかわったそうだが、その経緯を知りたい。

鉄道関係やトンネルという意味で読む場合は“ずいどう”とも言うようですが、その経緯となった文書等は確認できませんでした。
辞書や辞典によりますと、現在も“隧道”は“スイドウ”と表記され、補記に“ズイドウ”とも読むとありました。

上記にて“ずい道”で検索しますと、経緯が掲載されています。
しかし、“~といわれている”とありますので、確定の情報とはいえません。

冊子体を本館では所蔵しておりませんが、日野館に禁帯出資料として所蔵があります。

  • 『鉄道技術用語辞典/鉄道総合技術研究所編』
    資料ID:101964039
    請求記号:R/516.03/TE/1

下記資料によりますと“鉄道関係では「ずいどう」とも言う”とあります。

  • 『新明解国語辞典/三省堂』
    配置場所:本館_2F_辞書辞典
    資料ID:007250759
    請求記号:813.1/Sh64s/2005

国語辞書等で調べますと、“隧道スイドウ”には2つの意味があります。
①墓道
②トンネル

下記の資料では①②どちらも“スイドウ”とも“ズイドウ”とも読む旨が記載されています。

  • 『広辞苑/岩波書店』
  • 『国語中辞典/角川書店』

下記の資料では②のみ“ズイドウ”とも読む旨が記載されています。

  • 『大辞泉/小学館』
  • 『大辞林/三省堂』
  • 『日本国語大辞典/小学館』

下記の資料では①②どちらも“スイドウ”と読む旨が記載されています。

  • 『辞海/三省堂』

その他参考資料

下記資料には“トンネル”の項目に“ずい道”と表記されています。

  • 『トンネル用語辞典/社団法人土木学会』
    配置場所:本館_3F
    資料ID:011629535
    請求記号:516.9/D81t/3

国土交通省では“隧道”のふりがなは“ずいどう”でした。
http://www.mlit.go.jp/road/soudan/soudan_01a_04.html外部リンク (2018/01/15確認)

(回答:本館 回答日:2017.12.27)

 
▲ページトップへ