ラーニング・コモンズ

ここからページコンテンツが開始します

「ラーニング・コモンズ」とは?

「コモンズ」とは「共有の場」を意味します。集い、議論し、共に学ぶ場所を提供することで、皆さんの自主的な「ラーニング(学習)」をサポートすることを目的としています。PC環境、グループ学習環境も充実させ、多様な学習スタイルに対応します。

首都大学東京図書館本館「ラーニング・コモンズ」はコミュニケーションスペース、プレゼンテーションルーム、メディアスペース、リフレッシュルーム、グループスタディルーム(3階に設置)で構成されています。

メディアスペース

エントランスホール正面はメディアスペース。多数のPCを備えた、個人学習のための静謐な空間です。

コミュニケーションスペース

エントランスホールを通り、右手の部屋はコミュニケーションスペース。可動式のテーブルと椅子を自由に組み合わせ、アクティブにグループでディスカッションするスペースです。コミュニケーションスペース1には様々な学習の相談に応じる、スタディ・アシスタントも常駐しています。

プレゼンテーションルーム

プロジェクター設備を備え、グループ形式の講義やゼミ、プレゼンテーション等に対応する空間です。

予約はこちらから

グループスタディルーム

3階の仕切られた部屋で、グループ学習、プレゼンテーションの練習やディスカッションが出来る空間です。

予約はこちらから

リフレッシュルーム

簡単な飲食も可能な、リフレッシュしてもらうための空間です。もちろん会話もできます。

 
▲ページトップへ