イベント

ここからページコンテンツが開始します

講師:植松 貞夫「デジタル情報時代の図書館建築、その可能性と課題」

掲載日:2010年10月1日

インターネットを通じた情報収集が主流となる中で、それでも、図書館という<場>へ足を運びたくなる、魅力的な図書館とは、どんな図書館でしょうか?
今回は、建築から図書館を考えてみたいと思います。
これからの図書館に期待されるものとして、ICT(情報通信技術)の進展にふさわしい環境整備は欠かせないものでしょう。
さらに、文化としての「本」に対するゆるぎない信頼を保ち、今まで以上に、情報・教育・文化を繋げ、人と人との「出会いの場」として機能する施設として、伝統的な「図書館」は変わっていこうとしています。
「場としての図書館」「図書館活動の器としての図書館建築」について、北米や、欧州の図書館建築にも造詣が深い、図書館建築のスペシャリストから、お話を伺います。

開催概要

日時

2010年12月6日(月)15:00~16:30(14:30開場)

会場

首都大学東京南大沢キャンパス 講堂小ホール

対象

本学学生、教職員、都民ほか

参加費

無料

定員

200名(定員になり次第締切)

講師:植松 貞夫(うえまつ さだお)

筑波大学大学院図書館情報メディア研究科長・情報メディアマネージメント分野教授
社団法人日本図書館協会施設委員会・委員長
ウェブ: http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~uematsu/外部リンク

お問い合わせ

首都大学東京図書情報センター本館 閲覧サービス担当 渡辺
tel: 042-677-2404
fax: 042-677-2403
mail:lib@c.metro-u.ac.jp
相談カウンターでも受け付けております。

※お申し込みは終了しました。

 
▲ページトップへ