イベント

ここからページコンテンツが開始します

平成24年度第2回学生選書ツアーを実施しました。

掲載日:2012年12月7日

ハロウィンで賑わう10月の街で、平成24年度第2回学生選書ツアーが開催されました。
学生選書ツアーとは、学生の皆さんが直接書店に出向き、図書館に置いてほしい本を選ぶという企画で、2011年の12月から始まりました。今年度は2回目の開催になります。だんだん大学内での認知度も高まってきた様子。(平成24年度第1回目の様子はこちら)
今回の選書ツアーでは、大学院生4名、学部学生6名(その中の一人は留学生)の合計10名が約200冊もの本を選びました。専門書はもちろん、大型の写真集や洋書など個人ではちょっと手が出しにくいけれど、研究に役立つ資料を重点的に選ぶ方、小説を数多く選ぶ方、シリーズで揃える方など、今回も皆さん真剣に選書してくださいました。

第1部 書店での本選び

  • 日時:2012年10月27日(土)10時30分~13時
  • 会場:MARUZEN多摩センター店

前回の選書ツアーの様子から、選書時間の2時間半はあっという間に過ぎてしまう! ということをご存じだった参加者の皆さん。事前に欲しい資料を調べておいたという準備万端の方も何人かいらっしゃいました。それでも実際に書店で本を手に取りながら選書を始めると、他の資料も図書館に備え付けたくなってしまい、その場で悩むことしばし・・・皆さん時間を忘れて本を選んで下さいました。

第2部 POP作成と本棚作り

選書された本は、書店からの納品→図書館への登録→請求記号や資料IDラベルの本への貼付(装備と呼びます)をされた後、図書館の書架(本棚)に並びます。
10月1日からオープンした新しい図書館「ラーニング・コモンズ」に、今回の選書ツアーで選ばれた本専用の展示書架を設置しました。

  • 日時:2012年11月29日(木)30日(金)
  • 会場:首都大学東京図書館本館

新しい展示書架に、自分で選んだ本をPOPを付けて並べる。普段はなかなか出来ない経験に皆さん戸惑いもあったようです。でも流石にご自身で選んだ本。それは上手に思いのたけをPOPで表現していました。

参加者からのコメント

「前回参加した先輩に話を聞いて、今回は絶対に参加したいと思っていた。学習に役立つ本はもちろんだが、数冊趣味に走った本も選んでしまった。自分の選んだ本を見て、興味の幅が広がる方がいたら嬉しく思う」
「教科書のような資料を中心に選書したのだが、既に殆ど本館に所蔵していることがわかり驚いた。自分はまだ図書館を使いこなしていないのだなぁと感じた」
「自分の研究分野で、かつ読みたい本を中心に選んだ」
「研究室所蔵(学部管理)になっている資料を本館に備え付けて欲しいと思い、あえて選んだ。学部管理の資料は貸出に制限があるため、本館で自由に借りることができるようになるのは喜びである」
「次の機会があれば、ぜひ他の学生にも参加して欲しいし、自分もまた参加したい」

今後も、「学生選書ツアー」を実施していく予定です。ぜひ多数のご参加をお待ちしています。

 
▲ページトップへ